日本のほけん

日本のほけん > 海外旅行保険 > 海外でのリスク/医療費
メイン画像

海外でのリスクや医療費について

日本ほど医療環境の整った国は非常に少ないことを理解しましょう。日本の治療費実費の感覚で海外へ行くのは危険です。海外の医療事情や保険金給付事例をご案内します。

海外でのリスクや医療費について

  1. 海外での医療費は、日本よりも高額になることがありますのでご注意ください。
    救急車を呼ぶのも有料であったり、入院費が想像以上に高額になるケースがございます。
    特に重症の場合、日本への移送費用は高額になっています。
  2. 海外では、医療機関を受診の際に支払い能力を問われる場合があります。
    海外旅行保険に未加入の場合、現金やクレジットカードでその場で用意できる金額の範囲内でしか治療してくれないケースもありますが、海外旅行保険のキャッシュレス治療対応病院なら、お客様が治療費を立て替えて支払う必要がありません。
ページトップへ

海外の医療事情について

日本ほど医療体制が整い、どの病院に行っても一定水準以上の医療が、比較的安価に受けられる国は多くありません。
日本にいる時の感覚で海外へ渡航されるのは危険です。
短期の渡航であっても、海外旅行保険への加入をおすすめします。

----外務省 世界の医療事情 アメリカ合衆国(ニューヨーク) より抜粋----

米国の医療費は非常に高額です。その中でも,ニューヨーク市マンハッタン区の医療費は同区外の2倍から3倍ともいわれており,一般の初診料は150ドルから300ドル,専門医を受診すると200ドルから500ドル,入院した場合は室料だけで1日数千ドルの請求を受けます。例えば,急性虫垂炎で入院し手術後腹膜炎を併発したケース(8日入院)は7万ドル,上腕骨骨折で入院手術(1日入院)は1万5千ドル,貧血による入院(2日入院,保存療法施行)で2万ドル,自然気胸のドレナージ処置(6日入院,手術なし)で8万ドルの請求が実際にされています。治療費は,診察料,施設利用料,血液検査代,画像検査代,薬品代などとそれぞれ別個に請求されるので注意する必要があります。

ページトップへ

海外旅行保険 事故例

情報提供 :エイチエス損害保険株式会社

症状 保険金支払総額
アメリカアメリカ 急性心筋梗塞で緊急入院。アメリカ旅行に同行していた家族が病院で付き添い、日本からも家族が救援者として現地へ駆けつける。退院後、現地で10日間療養後帰国。治療費用・救援者費用・帰国費用が発生。 約1,160万円
アメリカアメリカ ニューヨーク行きの機内で体調不良を訴え、現地到着後、医師の診察を受ける。労作性呼吸困難と診断され入院。日本から救援者として家族がニューヨークへ駆けつける。
治療費用・救援者費用・帰国費用が発生。
約1,130万円
アメリカアメリカ(ハワイ) ハワイ観光の最中、牧場にて乗馬中に体勢を崩して落馬し、腰・背中を強打。現地にて2度受診し、医師の指示のもとビジネスクラスにて帰国。治療費用・帰国費用が発生。 約150万円
イギリスイギリス ホテルの2段ベッドから転落し、腕を骨折。現地で受診し、医師の判断によりストレッチャー(担架)にて看護師2名の付き添いのもと帰国。日本にて手術・入院。
移送費用・帰国後の継続治療費用が発生。
1,000万円
(治療費用限度額払い)
フランスフランス 夜中に外出中、慣れない石畳で転倒して手首を骨折。現地にて受診し、日本へ帰国後も通院。
治療費用・帰国後の継続治療費用が発生。
約65万円
ケニアケニア ホテルで転倒し、頭部打撲と切傷を負う。事故現場がアフリカの奥地でCT等の設備がなかったため、ナイロビへ搬送され入院。搬送費用・治療費用・通訳雇入費用が発生。 約50万円
病気やケガなどで病院に行かれる際は、病院に行かれる前に契約された保険会社の海外サポートセンターへご一報ください。
キャッシュレスで治療を受けられる病院のご紹介や予約、キャッシュレス治療を受ける手配などを行います。
ページトップへ

海外旅行保険 お申込み

「日本のほけん」を運営する東京六大陸が取り扱う海外旅行保険会社一覧

【ご注意】
・当ホームページの内容は、合同会社東京六大陸が取扱う損害保険会社各社の商品内容の概要をまとめたものです。また、特定の保険商品の比較であり内容全てが記載されているものではありません。参考情報としてご利用いただき、ご契約の際は詳細について必ず引受保険会社の公式ウェブサイトをご確認のうえ、お申込みください。
・プラン・契約条件・オプションの有無により保険金額や補償内容は異なります。
・当ページで取扱う商品について代理店は保険契約の締結の媒介を行います。

  1. 【引受保険会社】
  2. 損害保険ジャパン日本興亜株式会社 SJNK17-80471(平成29年12月29日)
  3. エイチ・エス損害保険株式会社 LCD18-102
  4. ジェイアイ傷害火災保険株式会社 JI2017-823
ページトップへ