相模原市の自転車保険

自転車保険加入義務化!
2018年7月1日から

相模原市で自転車保険加入義務化!
(2018年7月1日〜)

このページでは相模原市の自転車保険加入義務化に伴い、どんな保険を選んだらいいのかお悩みの相模原市にお住いの方、通勤・通学されている方に向けて自転車保険選びに必要な情報をまとめました。個人賠償責任補償最大3億円まで補償されるプランを始め、複数のプランからご自身に最適なプランをご検討ください。

日本のほけんが取扱う
自転車保険プランの特長

個人賠償責任は
最大3億円までの
プランをご用意!

補償の対象は
本人のみから
家族全員まで

保険料は
1日約4円〜
※プランによって異なります

自転車保険プラン

相模原市の条例を最低限カバー
個人賠償責任補償のみ備える

自転車事故の
個人賠償責任補償のみ
補償内容・サービス
個人賠償1億円死亡後遺障害示談代行入院・通院
補償の範囲
自転車事故その他交通事故日常のケガ
補償の対象(プラン)
本人のみ家族全員本人+親族
シニア世代
(〜89歳)
保険料
月額 約103円〜


お申込みはこちら
(シニア世代もこちらから)
引受保険会社
損保ジャパン日本興亜

個人賠償責任補償に備える
交通事故のケガにも備える
(死亡・後遺障害・入院)

交通事故での
入院や通院も
補償内容・サービス
個人賠償2億円死亡後遺障害示談代行入院・通院
補償の範囲
自転車事故その他交通事故日常のケガ
補償の対象(プラン)
本人のみ家族全員本人+親族
シニア世代
(〜89歳)
自転車向け保険 Bycle
ブロンズコース
保険料
月々360円〜
(月払の場合)
お申込みはこちら
引受保険会社
au損保

個人賠償責任補償に備える
交通事故のケガにも備える
(死亡・後遺障害・入院)
日常のケガにも備える
(死亡・後遺障害・入院)

交通事故だけでなく
日常のケガにも
補償内容・サービス
個人賠償2億円死亡後遺障害示談代行入院・通院
補償の範囲
自転車事故その他交通事故日常のケガ
補償の対象(プラン)
本人のみ家族全員本人+親族
シニア世代
(〜89歳)
自転車向け保険 Bycle Best
ブロンズコース
保険料
月々720円〜
(月払の場合)
お申込みはこちら
引受保険会社
au損保

個人賠償責任補償に備える
交通事故のケガにも備える
(死亡・入院)
日常のケガにも備える
(死亡・入院)
※シニア専用プラン

交通事故だけでなく
日常のケガにも
補償内容・サービス
個人賠償2億円死亡示談代行入院
補償の範囲
自転車事故その他交通事故日常のケガ
補償の対象(プラン)
本人のみ家族全員本人+親族
シニア世代
(70〜89歳)
自転車向け保険 Bycle S
保険料
月々670円
(月払の場合)

シニア世代のお申込みはこちら
引受保険会社
au損保

相模原市でも自転車保険加入義務化

相模原市でも平成29年12月22日市議会において「相模原市安全に安心して自転車を利用しようよ条例(自転車条例)」が可決されたことを受けて、25日より条例が交付されました。平成30年7月1日以降、相模原市で自転車に乗る人は自転車保険(個人賠償責任保険)の加入が義務づけられます。ここでは義務化の概要からどのような保険を選べばいいのかまで、わかりやすくご紹介します。

自転車保険(賠償責任保険)加入義務化の背景

自転車保険の加入義務化の背景には、“相模原市内は起伏が少ないため自転車の利用が多い。自転車事故の割合は県内でも高く、16年の統計では県内平均が21・7%に対し、同市は30・4%と非常に高くなっている。”(引用 神奈川新聞)という状況があり、近年では対人での事故の場合、被害者に対して1億円近い高額の賠償責任を負うこともありますので、被害者救済および加害者の経済的な負担軽減を目的に自転車保険(賠償責任保険)の加入義務化が進められています。

義務化の対象

義務の対象となる方は、相模原市内で自転車を利用する方(自転車利用者、事業者、レンタル事業者)です。
相模原市に住民票が有る無しにかかわらず相模原市内で自転車に乗る場合は自転車保険など賠償責任保険への加入が必要となります。
業務で自転車を使っている方は個人賠償責任保険が補償の対象外になってしまいますのでお勤め先に確認してみてください。
また、レンタルの自転車を借りる際にも保険に加入している必要があります。

自転車保険を検討してみる

ここでもう一度確認。
自転車保険とは?

相模原市の条例には自転車保険は「自転車損害賠償保険等」と書かれていて、そこには”自転車の利用に係る事故により生じた他人の生命又は身体の損害を填補することができる保険又は共済”とあります。
つまり、ここでいう自転車保険とは「自転車に乗っていて他人をケガさせたり命を奪ってしまった場合に、きちんと賠償責任を果たすことができるように保険に入っておく必要がありますよ」ということです。

最近注目されている自転車保険は基本的には自転車でのケガによる入院や通院の補償と個人賠償責任補償がセットになった
保険商品です。相手への賠償責任が補償されているのが特長です。

保険に入らないとどうなる?

条例では加入は義務となっていますが、入らなかったらどうなるのでしょうか。結論から言うと、特に罰則があるわけではありません。しかし、もし事故を起こした場合、相手方から多額の賠償金が請求されることがあります。

自転車事故の加害者になってしまった場合、加害者の年齢にかかわらず賠償請求されることがあります。加害者が未成年の場合はその保護者へ請求される場合もあります。

保険に加入していない方はこの機会に検討しましょう。

自転車事故の高額賠償事例

判決認容額(※) 事故の内容
9,521万円 男子小学生(11歳)が夜間、帰宅途中に自転車で走行中、歩道と車道の区別のない道路において歩行中の女性(62歳)と正面衝突。女性は頭蓋骨骨折等の傷害を負い、意識が戻らない状態となった。( 神戸地方裁判所、平成25(2013)年7月4日判決)
9,266万円 男子高校生が昼間、自転車横断帯のかなり手前の歩道から車道を斜めに横断し、対向車線を自転車で直進してきた男性会社員(24歳)と衝突。男性会社員に重大な障害(言語機能の喪失等)が残った。(東京地方裁判所、平成20(2008)年6月5日判決)
6,779万円 男性が夕方、ペットボトルを片手に下り坂をスピードを落とさず走行し交差点に進入、横断歩道を横断中の女性(38歳)と衝突。女性は脳挫傷等で3日後に死亡した。(東京地方裁判所、平成15(2003)年9月30日判決)
5,438万円 男性が昼間、信号表示を無視して高速度で交差点に進入、青信号で横断歩道を横断中の女性(55歳)と衝突。女性は頭蓋内損傷等で11日後に死亡した。(東京地方裁判所、平成19(2007)年4月11日判決)
4,746万円 男性が昼間、赤信号を無視して交差点を直進し、青信号で横断歩道を歩行中の女性(75歳)に衝突。女性は脳挫傷等で5日後に死亡した。(東京地方裁判所、平成26(2014)年1月28日判決)

(※)判決認容額とは、上記裁判における判決文で加害者が支払いを命じられた金額です(金額は概算額)。
上記裁判後の上訴等により、加害者が実際に支払う金額とは異なる可能性があります。

出典:日本損害保険協会

自転車保険を検討してみる

必要な補償は確保できていますか?

ご自身が必要な保険に加入しているかどうかチェックしてみましょう。

自転車保険を検討してみる
参照:損保ジャパン日本興亜「サイクル安心保険」より

日本のほけん推奨
これだけは確保したい補償と加入条件

個人賠償責任補償1億円

近年自転車事故での賠償請求額は大きく1億円近い賠償金額になることもあります。そのため、個人賠償責任補償は最低でも1億円はあると安心です。
すでに加入している方はもう一度補償される金額を確認しておきましょう。

示談代行サービス

万が一事故を起こしてしまった時の相手への対応や交渉ごとを個人で行なうのは負担が大きいため、保険会社に依頼できるサービスがあると安心です。
 

賠償時に後遺障害
制限なし

賠償責任補償において相手方の後遺障害に対する補償に制限がある保険もあります。商品によっては障害の程度によって補償の対象とならないものもありますので、後遺障害の補償に制限がないものを選びましょう。

未成年や高齢者も
加入可能

未成年でも高齢者でも事故の加害者になった場合、賠償責任が生じる場合があります。未成年の場合は保護者に賠償の請求が行くこともあります。自転車を利用する方がカバーされるような保険を選びましょう。

4つの条件を満たした保険をご紹介します。

補償の対象となる方の人数や年齢によって最適な保険をお選びいただけます。
まずは補償の対象となる方を考えてみましょう。

ご本人のみを補償の対象とするプラン

通勤・通学に自転車を使っている方へ

通勤や通学などで自転車に頻繁に乗るという方がご自身のために備える場合はご本人のみを対象としたプランをオススメします。どの保険も個人賠償責任補償は1億円以上。ご自身のライフスタイルに合わせてお選びいただけます。

下段オレンジ色の自転車マーク は自転車事故の場合の保険金額です。

タイプ 自転車事故の
個人賠償責任補償のみ
交通事故での
入院や通院も
交通事故だけでなく
日常のケガにも
保険会社名 損保ジャパン日本興亜
サイクル安心保険
(自転車総合保険)
au損保
Bycle
(本人タイプ)
au損保
Bycle Best
(本人タイプ)
ケガの補償の範囲 自転車事故その他交通事故日常のケガ 自転車事故その他交通事故日常の事故 自転車事故その他交通事故日常の事故
コース プランA プランB ブロンズコース ゴールドコース ブロンズコース ゴールドコース
相手への補償(自転車保険に必須)
個人賠償責任 1億円 1億円 2億円 3億円 2億円 3億円
示談代行サービス
(賠償事故解決特約)
️◯
自分への補償
入院
(日額)
2,000円 4,000円
8,000円
6,000円
12,000円
4,000円
8,000円
6,000円
12,000円
通院
(日額)
2,000円
4,000円
2,000円
4,000円
死亡・後遺障害 1,000万円 250万円
500万円
400万円
800万円
250万円
500万円
400万円
800万円
その他の主な
補償・サービス
入院一時金 入院一時金
手術保険金 手術保険金 手術保険金 手術保険金
ヘルメット着用中死亡 ヘルメット着用中死亡 ヘルメット着用中死亡 ヘルメット着用中死亡
法律相談費用 法律相談費用
弁護士費用等 弁護士費用等
自転車ロードサービス 自転車ロードサービス 自転車ロードサービス 自転車ロードサービス
保険料
(年払)
1,230円
(月額約103円)
2,650円
(月額約221円)
3,920円 11,940円 7,950円 22,590円
保険料
(月払)
- - 360円 1,110円 720円 2,080円
Web申込み お申込みはこちら
サイクル安心保険
損保ジャパン日本興亜
お申込みはこちら
Bycle
au損保
お申込みはこちら
Bycle Best
au損保
家族全員を補償の対象とするプラン

週末は家族でサイクリング!という方に

家族みんなが自転車を楽しむご家庭では補償の対象が家族全員に設定されている保険をおすすめします。個人賠償責任補償も家族全員が補償対象で最大3億円まで補償されるプランもございます。

下段オレンジ色の自転車マーク は自転車事故の場合の保険金額です。

タイプ 自転車事故の
個人賠償責任補償のみ
交通事故での
入院や通院も
交通事故だけでなく
日常のケガにも
保険会社名 損保ジャパン日本興亜
サイクル安心保険
(自転車総合保険)
au損保
Bycle
(家族タイプ)
au損保
Bycle Best
(家族タイプ)
ケガの補償の範囲 自転車事故その他交通事故日常のケガ 自転車事故その他交通事故日常の事故 自転車事故その他交通事故日常の事故
コース プランA プランB ブロンズコース ゴールドコース ブロンズコース ゴールドコース
相手への補償(自転車保険に必須)
個人賠償責任 1億円 1億円 2億円 3億円 2億円 3億円
示談代行サービス
(賠償事故解決特約)
️◯
自分への補償
入院
(日額)
2,000円 4,000円
8,000円
6,000円
12,000円
4,000円
8,000円
6,000円
12,000円
通院
(日額)
2,000円
4,000円
2,000円
4,000円
死亡・後遺障害 1,000万円 250万円
500万円
400万円
800万円
250万円
500万円
400万円
800万円
その他の
補償・サービス
  入院一時金   入院一時金
手術保険金 手術保険金 手術保険金 手術保険金
ヘルメット着用中死亡 ヘルメット着用中死亡 ヘルメット着用中死亡 ヘルメット着用中死亡
法律相談費用 法律相談費用
弁護士費用等 弁護士費用等
自転車ロードサービス 自転車ロードサービス 自転車ロードサービス 自転車ロードサービス
保険料
(年払)
1,230円
(月額約103円)
2,650円
(月額約221円)
8,090円 22,250円 25,450円 69,280円
保険料
(月払)
- - 740円 2,060円 2,320円 6,340円
Web申込み お申込みはこちら
サイクル安心保険
損保ジャパン日本興亜
お申込みはこちら
Bycle
au損保
お申込みはこちら
Bycle Best
au損保
送り迎えのママにおすすめのプラン

送り迎えのママに最適

お子さまを送り迎えするママやおばあちゃんなどご自身の配偶者以外のご家族が自転車に乗る機会が多い方に最適なプランです。個人賠償責任補償は最大3億円まで補償されるプランもございます。
※au損保、本人・親族タイプの補償の対象となる方の範囲・・・ご本人・ご本人またはご本人の配偶者と同居の親族・別居の未婚の子

下段オレンジ色の自転車マーク は自転車事故の場合の保険金額です。

タイプ 自転車事故の
個人賠償責任補償のみ
交通事故での
入院や通院も
交通事故だけでなく
日常のケガにも
保険会社名 損保ジャパン日本興亜
サイクル安心保険
(自転車総合保険)
au損保
Bycle
(本人・親族タイプ)
au損保
Bycle Best
(本人・親族タイプ)
ケガの補償の範囲 自転車事故その他交通事故日常のケガ 自転車事故その他交通事故日常の事故 自転車事故その他交通事故日常の事故
コース プランA プランC ブロンズコース ゴールドコース ブロンズコース ゴールドコース
相手への補償(自転車保険に必須)
個人賠償責任 1億円 1億円 2億円 3億円 2億円 3億円
示談代行サービス
(賠償事故解決特約)
️◯
自分への補償
入院
(日額)
3,000円 4,000円
8,000円
6,000円
12,000円
4,000円
8,000円
6,000円
12,000円
通院
(日額)
2,000円
4,000円
2,000円
4,000円
死亡・後遺障害 1,000万円 250万円
500万円
400万円
800万円
250万円
500万円
400万円
800万円
その他の
補償・サービス
ご家族の方の
死亡・行為障害保険金
750万円

入院保険金(日額)
3000円
(配偶者とその他の
親族は同額補償)
  入院一時金   入院一時金
手術保険金 手術保険金 手術保険金 手術保険金
ヘルメット着用中死亡 ヘルメット着用中死亡 ヘルメット着用中死亡 ヘルメット着用中死亡
法律相談費用 法律相談費用
弁護士費用等 弁護士費用等
自転車ロードサービス 自転車ロードサービス 自転車ロードサービス 自転車ロードサービス
保険料
(年払)
1,230円
(月額約103円)
2,650円
(月額約221円)
6,690円 18,480円 20,360円 54,840円
保険料
(月払)
- - 610円 1,710円 1,860円 5,030円
Web申込み お申込みはこちら
サイクル安心保険
損保ジャパン日本興亜
お申込みはこちら
Bycle
au損保
お申込みはこちら
Bycle Best
au損保
シニア世代向けのプラン

まだまだ元気なシニア世代の方へ

自転車で出かける元気なシニア世代向けにおすすめのプランです。個人賠償責任補償は最大2億円まで。自転車事故だけでなく日常のケガもカバーされるプランもございます。

下段オレンジ色の自転車マーク は自転車事故の場合の保険金額です。

タイプ 自転車事故の
個人賠償責任補償のみ
交通事故だけでなく
日常のケガにも
保険会社名 損保ジャパン日本興亜
サイクル安心保険
(自転車総合保険)
au損保
Bycle S
(本人タイプ)
ケガの補償の範囲 自転車事故その他交通事故日常のケガ 自転車事故その他交通事故日常のケガ
コース プランA プランB  
相手への補償(自転車保険に必須)
個人賠償責任 1億円 1億円 2億円
示談代行サービス
(賠償事故解決特約)
️◯
自分への補償
入院
(日額)
2,000円
通院
(日額)
死亡・後遺障害 1,000万円 200万円 (死亡のみ)
400万円 (死亡のみ)
その他の補償・サービス 入院一時金
ヘルメット着用中死亡
法律相談費用
弁護士費用等
自転車ロードサービス
保険料
(年払)
1,230円
(月額約103円)
2,650円
(月額約221円)
7,250円
保険料
(月払)
- - 670円
Web申込み お申込みはこちら
サイクル安心保険
損保ジャパン日本興亜
お申込みはこちら
Bycle S
au損保

取扱保険会社

引受保険会社 au損害保険株式会社 au損保
設立年月日 2010年2月23日
(モバイル損保設立準備株式会社として設立)
資本金 資本の額:6,000,090,000円(資本金3,150,045,000円、資本準備金2,850,045,000円)
所在地 〒108-0075
東京都港区港南1-6-34 品川イースト2F
代表取締役社長 遠藤 隆興 (えんどう たかおき)
株主 あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
KDDI 株式会社
引受保険会社
損害保険ジャパン日本興亜株式会社
Sompo Japan Nipponkoa Insurance Inc.
損保ジャパン日本興亜
設立年月日 1888年(明治21年)10月
資本金 700億円
所在地 〒160-8338
東京都新宿区西新宿1-26-1
代表取締役社長 西澤 敬二
株主 日本トラスティサービス信託銀行
STATE STREET BANK AND TRUST COMPANY

【保険募集代理店】
合同会社東京六大陸
神奈川県鎌倉市扇ガ谷1-8-9鎌工会館303

募集文書番号
au損害保険株式会社 B18D310001(1804)
損害保険ジャパン日本興亜株式会社 SJNK17-80561(2018.2.27)

代理店の立場
当社は保険会社の代理店であり、当サイト上での保険契約の締結の媒介を行います。

  • 「自転車向け保険 Bycle・Bycle Best・Bycle S」はスタンダード傷害保険のプラン名です。
  • 記載している保険料及び補償内容等は2018年4月1日現在のものです。
  • 当サイトに掲載している比較情報は、「日本のほけん」を運営する損害保険・少額短期保険代理店、合同会社東京六大陸が参考資料としてまとめたものです。
  • 自転車向け保険を比較・検討の際は保険料だけでなく補償内容やサービス内容を含めて総合的にご判断ください。
  • 掲載している自転車向け保険商品のすべての情報が記載されているものではありません。概要の説明したものです。
  • 当サイトでは、自転車向け保険の一定の項目のみを表示したもので、商品間の優劣を意味するものではありません。
  • ご契約の際には必ず引受保険会社の各ホームページ、重要事項のご説明、およびご契約のしおり(普通保険約款・特約集)、「注意喚起情報」、「パンフレット」などをご確認のうえ、お申込みください。
ページトップへ